1963年5月30日 ゴミゼロの日 生まれ。

岩手県の三陸海岸沿いの小さな村の出身。

大学では建築工学を学び、東京の設計事務所で5年間勤務する間に社会や、自分の生き方に疑問を感じ始め、命の世界や、精神世界に興味を持ち始める。子供のころから歌が大好きで、設計事務所勤務中の終盤には、次の仕事はうたを歌うことという確信が湧いてくる。

退社後、2年間はネイテイブアメリカンへの興味と郷愁から、ペルー、北米、メキシコ、ガテマラ等への旅をくり返した。

特に28歳の時に体験した、「ビジョンクエスト」は強烈な体験で、今のこの暮らしに繋がることを天より受け取る体験だった。

その後、「これからはみんなの家が地球上の至る所に作られていき、どこへ行っても行ってらっしゃい、お帰りなさいという世界になる」というビジョンが湧いてくる。

30歳から、ネイテイブアメリカンの世界観が歌となってわき始める。

33歳で富士の麓富士宮市に引っ越し、木の花農園に出会う。6年後ファミリーメンバーになり、現在に至る。

ファミリーでは、木の花楽団で日々訪れるゲストのためにウエルカムコンサートを行っている他、木の花塾の講師を務めたり、鶏のお世話、ハチミツの瓶詰め、地球暦の己読みの作成等を担当している。

「宇宙の秘密」をひもとくことが喜び。その仕事に見合うように、精神性を高める事が課題。

ゴミからゴミゼロへ。